タイトル未定の連載小説4

女の人は捨てられた仔猫のように小刻みに震えていた。俺は「大丈夫ですか?」を連発してその場の冷え切った空気を少しでも温めることしかできなかった。「大丈夫ですか?」「大丈夫でしょうか?」「大丈夫ですよね? … 続きを読む タイトル未定の連載小説4